働きながらTOEICスコアUPを狙うための短期対策法

1ヶ月で対策するために

ここでは、TOEICの試験まで1ヶ月で出来る対策ポイントや1ヶ月で100点を上げるための学習ポイントをまとめて紹介しています。

TOEIC直前1ヶ月の追い上げで100点UPするには

1ヶ月

気が付けば試験まで1ヶ月・・・これから勉強しても間に合うの?と思うかも知れませんが、学習すべきポイントさえ押さえれば現状のスコアを伸ばすことも不可能ではありません。

実際に1ヶ月という超短期間でもやり方次第で、スコアアップに成功した人もたくさんいるので、学習ポイントを一緒にみていきましょう。

短期間で確実にスコアUPする方法はコレだ
最強のTOEIC対策

POINT1. 毎日のスケジュール管理

試験まで1ヶ月ともなれば、毎日どれだけTOEICの勉強時間に費やせるのかを把握しておく必要があります。

目指すスコアにもよりますが、1ヶ月前であれば最低でも毎日3時間くらいは確保したいところ。重点的に勉強する分野なども絞っておくと、スムーズにスタートしやすいと思います。

通勤時間や出勤までの時間、お昼や帰宅後の時間など、自分のライフスタイルに応じて集中して勉強出来る時間を見つけましょう。

POINT2. すき間時間で語彙力アップ

集中出来る時間帯には公式問題集などで長文問題を解き、通勤時間やちょっとした空き時間で単語や文法などの学習に充てていくと、短期間でも効率的にTOEICの勉強をすることが可能です。

初めて受験する人や中級スコアの人は、TOEICで良く出るフレーズや言い回しなどを中心に覚えていくのも、おすすめです。

POINT3. 試験テクニックをマスター

TOEICの問題は決まった形式なので、数多くの問題に触れて慣れておくことで自然とスコアアップにも繋がります。TOEICの試験の流れはもちろん、自分の得意とするパートでいかに高得点が出せるかがポイントです。

TOEICの設問は写真描写問題、応答問題、短文穴埋め問題など、7つのパートから成り、それぞれ「いかに効率的に得点するか」というテクニックが、ネットや参考書などで公開されています。TOEICの成績上位者は、英語の基本的な力以外にも、こういった試験テクニックをしっかり習得しています。

POINT4. 苦手分野から攻略する

直前1ヶ月で点数を大幅にアップさせたい場合は、リスニングとリーディング、どちらか苦手なジャンルの勉強に集中するのも一つの方法です。得意分野は、すでに知識や理解度が一定レベルにあるからこその得意分野ですから、短期間で点数を底上げするのは難しいといえます。

対して、苦手分野の知識や理解は穴だらけですから、自分にフィットした効果的な勉強法を探し出し、1ヶ月集中的に勉強すれば点数は劇的に上がります。

POINT5. 解答スピードと正答率を上げる

TOEICの成績がなかなか上がらない人は、だいたい「解答時間不足」を理由にあげます。では、なぜ時間不足になるのでしょうか?それは、英語の基本的な力が足りず、解答スピードが遅いからです。

TOEICには、パートごとに「いかに短い時間で効率的に得点するか」という、さまざまな受験テクニックがあります。しかし、そのようなテクニックをいかに身につけていても、英語の基礎な力がなければ、問題の解答スピードも正答率も大幅に下がってしまいます。

英語の基本的な力とは、言うまでもなく「文法」と「語彙力」です。定評のある文法問題集や単語集を一つ選び、徹底的に取り組み、文法と語彙の力を可能な限り高めましょう。そうすれば解答スピードは自然に上がります。

POINT6. 自分と同レベルの人の勉強法を真似る

資格試験の勉強法は「合格者や成績優秀者の真似をする」が王道です。しかし、200点や300点をうろうろしている人が、「900点台の常連」と同じような勉強をしても効果は得られません。

重要なのは「自分と同じレベルの人の勉強法を参考にする」ということ。

たとえば直近の点数が400点(Dレベル)の人が、次回のTOEICで500点(Cレベル)到達を目標に設定するとしましょう。

この場合、まずすべきことは、ネットや本に掲載されているTOEICの体験談から、同じような成績推移(400点台→500点台)を経験した人を探し出します。そして、その人の勉強法をチェックし、有用だと思う勉強法があれば取り入れていきます。

TOEICは英語によるコミュニケーション能力を客観的に評価できる世界標準のテストです。同じような実力の人が受験すれば必ず同じような点数になります。

したがって、自分と同レベルの人が実行した勉強法を参考にすれば、やはり同じような目標点数に到達できる可能性が高いといえるわけです。

900点台の常連が実践する高度な勉強法ではなく、自分のレベルにフィットした方法を取り入れたほうが、より早く効果も上がります。

POINT7. プロがすすめる情報を活用する

英語講師にとって、TOEICに関する情報は「飯の種」。TOEICの効果的な勉強法を教授できる講師は、生徒からの人気も高く、メディアからの引き合いも多くなります。「TOEIC専門」を看板に掲げて活動し、大成功を収めている英語講師もいるほどです。

また本職の英語講師ではない「英語好きのアマチュア」のあいだでも、やはりTOEICの存在感は抜群です。TOEICの情報を記事にした英語ブログはアクセスも良いので、TOEIC対策を真剣に研究し、なかにはプロ顔負けの「TOEIC専門サイト」を開設し、収入をあげているブロガーもいます。

このように、英語業界には「TOEICのプロ」が大勢います。プロの発信する情報は、自らの受験経験だけでなく、常に最新のデータに基づいて更新されるので、実戦で役に立つものばかりです。

part・スコア別TOEIC対策もcheck

短期間で確実に結果を出したい人はパーソナルトレーニング

忙しくて自分で勉強の管理が出来ないという人は、パーソナルトレーニングという方法もあります。

1ヶ月半で200点アップした人の体験談

マンツーマンのカフェレッスン

転職してから職場で毎日英語を使うようになり、短期間で英語力を上げなければなりませんでした。

受講前はTOEIC560点でしたが、1日100語の英単語を覚えながら、シャドーウィングをこなし、1ヶ月半は英語漬けの日々を過ごしました。

お陰さまで、TOEICも800点代にまでスコアアップして、本当にパーソナルトレーニングに挑戦して良かったと思っています。

文法書や単語集、問題集などをだらだら読み込むやり方だと、どうしても「勉強する」という意識になりがち。これだと勉強嫌い、英語嫌いの人は長続きしません。

私の場合、学生時代からずっとスポーツをしていたこともあって、陸上選手が走り込みをして基礎体力をつけるように、ひたすら無心になって英語の音読、多読、聞き取り、書き取りを繰り返してきました。

こうすることで、英語の語彙力や読解力も自然にアップしていき、TOEICの点数も500点台から700点台後半まで行くことができました。

また、教材代わりに、お気に入りのアニメの英語版や、あらすじを理解している映画のDVDを活用しました。ストーリーがすでに頭に入っているので、英語の表現もどんどん身につきます。

気付けばそうこうしているうちに、TOEICの成績もいつの間にか700点台後半に。「TOEICの受験勉強をする」という意識は全くなく、ただ自分の好きなアニメや映画を英語版で見ていただけなので、この結果には驚きました。

TOEICで高い点数を取るには、「常に身の回りに英語がある環境をつくる」ということがとても重要です。TOEICには7つのパートがありますが、結局問われているのは英語の総合的な力です。英語は使えば使うほどレベルアップするもの。

参考書でも英語の漫画でも映画の英語字幕でも、ツールはなんだって構いませんから、毎日あびるほど英語に触れることを心がけましょう。

英語のテストの成績が上がらない最大の原因は「語彙力不足」だと思います。文法がどんなに頭に入っていても、問題文のなかに意味のわからない単語やイディオムがあったら正解は出せません。

幸い、TOEICでは定評ある単語集がたくさん出版されているので、どれか1冊を選び、徹底的につぶしましょう。私もTOEICの口コミサイトなどをチェックして、評価の高い厚めの単語集を1冊購入し、完璧に丸暗記しました。これだけで370点から500点台までアップしたのでおすすめの方法です。

私は小説が好きなので、海外の小説の日本語版と英語版を買って、両方を同時に読んでいきました。「英語→日本語」と「日本語→英語」という2方向の読み込みを繰り返していくと、プロの翻訳家が身につけている「英語に対するセンス」のようなものが少しずつわかってきます。

このセンスが身についていると、長めの英文でも素早く読解できるようになるので、TOEICのリーディングセクション(特にパート6、7)の成績が爆発的にアップします。

人間は興味のない情報を学習しても長く記憶できないそうです。なので、自分の好きなジャンルで英語を学習すると脳への定着度も高まりますよ。私の場合、通っている英会話教室(マンツーマンのカフェレッスン)の先生に、いつも自分の仕事と関連する題材を選んでもらっていました。

そのおかげで英語力そのものを底上げすることができ、TOEICの点数も900点近くにまで到達できました。英語のパーソナルトレーニングを利用できる人は、可能なら先生の大学での専攻分野をチェックして、自分のニーズを満たしてくれる先生に教えてもらうとベストですね。

短期集中TOEIC200点UP狙いなら。
結果の出るパーソナルトレーニングで

肉体改造だけでなく、語学力もパーソナルトレーニングで徹底的に鍛える。3ヶ月間で、専属トレーナーが確実にスコアUPへ導きます。パーソナルトレーニングこそ、社会人に最適最強のTOEIC対策。

CHECK!