働きながらTOEICスコアUPを狙うための短期対策法

半年で対策するために

ここでは、半年間で行うTOEICの対策ポイントを掲載。実際に半年で200点スコアアップした人の体験談などもまとめています。

どのレベルでも200点アップ!半年で行うTOEIC対策

TOEICの試験まで半年の期間があれば、どのレベルの人でも正しい学習方法で取り組んでいけば、200点のスコアアップを実現させることが出来ます。

忙しい社会人でも、300点以上の大幅なスコアアップに成功した人もいるので、毎日どれだけTOEIC対策に有効な学習が出来るかがポイントです。

3ヶ月で200点UPする方法はコレだ
最強のTOEIC短期対策

POINT1. 学習環境を整えプランを立てる

試験まで半年間あるとモチベーションの維持が難しいため、毎日の学習目標を立てながらスケジュールを組みましょう。毎日継続することが大事なので、最初からハイペースで勉強する必要はなく、最初は毎日行うことを目標にすき間時間を使った勉強がおすすめ。慣れてきたら徐々に学習時間を増やしていくと、ストレスなく進めることが出来るはずです。

POINT2. 基礎単語力と中学英語を完全マスター

中学英語?と思うかも知れませんが、中学英語にはベースとなる英文法などがぎっしりと詰まっています。中学レベルの接続詞を見直してマスターするだけでも、穴埋めなどの問題が解答しやすくなるので要チェック。

また単語については、TOEIC頻出単語を集めた対策本で、まるごと1冊暗記するつもりで対策しましょう。半年あれば1冊と言わず、2冊、3冊と単語数を増やしていくべきです。

POINT3. 数多くの問題集を解いてテクニックを掴む

単語や文法などを覚えるだけでは、TOEICテストを時間内に問題を解き終えることは出来ません。

TOEICでは、問題を解答していくスピードもポイント。本来の実力であれば分かるような問題も時間切れになってしまうと、せっかくの得点チャンスを捨ててしまうことになります。

半年の間に、時間の許す限りたくさんの問題を解いてTOEIC特有の解答テクニックを身に付けましょう。

part・スコア別TOEIC対策もcheck

TOEIC指導のプロ!パーソナルトレーニングで効率よく学習

1人で半年間も勉強していく自信がないと言う人は、TOEICのスコアアップをバックアップしてくれるパーソナルトレーニングなら、モチベーションを維持しながら学習出来ます。

半年で200点のスコアアップに成功した人の体験談

トレーニングを始める前は600点前半のスコアでしたが、トレーナーの方が自分の上達に合わせて効果的なプランを立て直してくれて、半年で835点まで伸ばすことが出来ました。

最初は基礎的なことをコツコツとやって、後半は会社でも役立つセンテンスを中心に学べたことが実際の職場でも役立つことが多く、TOEIC対策のトレーニングにも繋がり感謝しています。

独学で1年をかけてTOEICのスコアを400点から700点に上げた実例

もちろん、やる気さえあれば独学でも短期間でTOEICのスコアをアップさせることは可能です。ただ、費用対効果ではパーソナルトレーニングがおすすめです。ここでは、独学でTOEICのスコアをアップさせた実例を元にした勉強の進め方を紹介して、独学でスコアアップを目指す大変さを説明します。

平日毎日30分+休日1時間=3時間半以上/週勉強

TOEICのスコアが400点台なら、英語レベルはほぼ中学生程度です。この状態から、まずはTOEICのスコア500点台を目指します。一気に700点台を目指すと辛さの方が先に立つため、段階を踏んだ目標設定が重要です。平日は仕事で忙しいため毎日30分程度が継続できる勉強量で、休日に1時間というまとまった時間を確保して勉強を続けましょう。

2ヵ月後にTOEIC500点台を目指すという目標を設定して勉強を始めますが、どのレベルから勉強を始めるかについては、自分の実力が現状どの程度なのかを確認する必要があります。勉強を始める前に、ぶっつけ本番でTOEICの試験を受けましょう。すでにTOEICを受けていて自分の点数が分かっている場合はその成績を元に、勉強を始めるレベルを設定します。

TOEICのスコアが400点前後の場合は中学レベルの文法から勉強していきます。500点近くまで点数が取れていたなら、高校レベルの文法などからの勉強で大丈夫です。

STEPを重ね、一年間継続して700点

ここからは、計画的にSTEPを重ねていき、一年間継続することでTOEIC700点を目指します。具体的には、2ヵ月ごとにTOEICを受験し、500点台クリア、600点台クリアを目指しましょう。

500点をクリアするには、文法の復習は不可欠です。そして、耳を鳴らすためのレッスンも組み入れなくてはなりません、通勤の時間を上手に利用して、電車の中でヒアリングレッスンは終わらせるようにすると良いでしょう。使用する教材は、説明と問題がセットになっている薄めの問題集がおすすめです。あまりにも分厚いとすべてやり終えないうちに受験日がやってくる懸念があるのと、同じ問題集を複数回繰り返し解いた方が、実力がつきやすくなるためです。

500点をクリアできたら、次は600点です。600点を目指す試験も、2ヶ月後に目標を定めて勉強を進めていきます。この時点では文法の基礎とリスニングの基礎的な英語力は身についた状態なので、TOEICという試験の流れを身体で覚えることに専念すると、効率良く点数を伸ばすことができます。TOEICの公式問題集や模試問題集などを利用して何度も解き、問題自体を暗記するぐらい勉強してTOEICに慣れるように集中しましょう。

600点台の合格を勝ち得たら、すぐにまた2ヶ月後の受験を申し込んでください。いよいよ700点台を目指しますが、「勉強ができてから受験申し込みをしよう」と考えていると、いつの間にか時間が経過して受験するタイミングを逃してしまうからです。700点台を目指すとなると、単に英語の基礎力があるだけではだめで、問題を解くスピードや文法の細かい知識が重要になってきます。700点以上をクリアするには、1回の受験では済まないかもしれませんが、定期的に受験して本番試験の流れも体幹として覚えます。

費用対効果なら半年で成果が出るパーソナルトレーニングがおすすめ

ここまででかかった費用を計算してみると、以下のようになります。

  • TOEIC受験代:500点・600点・700点の最低3回分
  • 問題集代:3冊(500・600・700点用の3段階が必要)

これなら、独学でも十分にできそうに思うかもしれません。しかし、パーソナルトレーニングなら、個人に合わせた勉強計画を立て、最短のスピードで効率よくTOEICの点数アップを狙えます。結果的にTOEICを何回も受験する費用もいらず、自分に一番向いている問題を解き、模試を受けてTOEIC試験そのものに慣れていくことができます。忙しい社会人なら、パーソナルトレーニングを利用した勉強が費用対効果でもおすすめです。

短期集中TOEIC200点UP狙いなら。
結果の出るパーソナルトレーニングで

肉体改造だけでなく、語学力もパーソナルトレーニングで徹底的に鍛える。3ヶ月間で、専属トレーナーが確実にスコアUPへ導きます。パーソナルトレーニングこそ、社会人に最適最強のTOEIC対策。

CHECK!