働きながらTOEICスコアUPを狙うための短期対策法

対策期間別にみるポイント

ここでは、TOEICの対策ポイントを期間別に解説。短期間でも効率的な勉強方法などTOEIC学習に役立つ情報を紹介しています。

これで完璧。期間別TOEIC対策ポイント

社会人の貴重な時間を無駄にしないためには、試験までの期間に合わせた勉強法が必要。質の高いTOEIC学習をするために役立ててください。

Part・スコア別TOEIC対策ならこちら

1ヶ月で対策するために

試験まで1ヶ月でもやれることはあります。まずは語彙力を高めるために英単語を覚えながら、重点的に学習すべき分野を決めて勉強を進めていきます。

残り1ヶ月となった時期は、TOEICならではの試験テクニックを習得していくのがポイント。まとまった時間が出来たら問題集を解いてミスを復習しながら、自分の苦手としている部分を少しでも無くすことに時間を費やしましょう。

「TOEIC1ヶ月対策」Read More

3ヶ月で対策するために

TOEICの試験まで3ヶ月学習する期間がある場合は、どのレベルの人でもスコアアップが見込めます。現在のスコアが500点台の人であれば、やり方次第で200点の大幅なスコアアップも可能。リーディングとリスニングの学習をバランス良く行うことで、確実に高得点が取れるようにしていきます。

目安としては、自分のレベルに合った単語帳を1冊完ペキに暗記するのがベスト。穴埋め問題や長文の読解などTOEICにおける全てのパートで役立つので、通勤時間などを利用して実践して欲しいと思います。

「TOEIC3ヶ月対策」Read More

半年で対策するために

半年の期間がある場合は、モチベーションを維持するために試験までのスケジュールと毎日何をするのか、具体的なプランを立てることが大事。

学習計画さえしっかりしていれば、例え中学英語でストップしている人でも半年で800点以上を狙うことも可能なので、毎日最低でも1時間はTOEICの勉強時間を作って欲しいと思います。

週末などを利用して公式問題集で実際の試験と同様に時間を計って、自分の現状を把握しながら勉強を進めていくと、モチベーションを保ちながら勉強が出来ると思います。

「TOEIC半年対策」Read More

短期集中TOEIC200点UP狙いなら。
結果の出るパーソナルトレーニングで

肉体改造だけでなく、語学力もパーソナルトレーニングで徹底的に鍛える。3ヶ月間で、専属トレーナーが確実にスコアUPへ導きます。パーソナルトレーニングこそ、社会人に最適最強のTOEIC対策。

CHECK!