働きながらTOEICスコアUPを狙うための短期対策法

900点以上をとるために

ここでは、TOEICで900点以上のスコアに必要な学習時間や語学力、企業での評価レベルなどを紹介しています。

TOEIC900以上のスコアに必要な英語力をリサーチ!

スコア900以上はTOEICのスペシャリスト!受講者のわずか3%に該当する人で、苦手パートなどもなく難問以外はスムーズに解答することが出来るレベルです。

高度な英語力が必要となるため、リスニングとリーディングの各パートを完ぺきにしなければ、本番の試験で900点を突破することは難しくなります。

TOEIC900以上の企業評価とは

TOEICスコアが900点以上ある人は、企業でも評価が高く報奨金を出している企業もあります。英語力としては、一般的な国際英字新聞の記事や雑誌を読んで理解することも可能。

海外勤務などグローバルな仕事へ携わることに繋がり、エージェントからのスカウトなどもあるようです。

900点以上のスコアに必要な勉強時間

900点以上のスコアに必要な勉強時間は、現状のスコアによって変わります。目安として700点台であれば600時間、800点台だと325時間必要という統計が出ています。

しかし、現状スコアが高ければ高いほど900点以上のスコアに到達するまで伸び悩んでいる人が多く、解答の精度を高める学習を中心に行うのがポイント。余裕を持って英文が聞き取れるようになるまで、毎日リスニングとリーディングを組み合わせた学習で英語力を磨いていきます。

3ヶ月で200点UPする方法はコレだ
最強のTOEIC短期対策

900点突破のためのPart別の対策法

リスニングパート

英文を聞いただけで、状況が直ぐに頭に思い浮かぶようになるまで練習をしていきます。

次々と英文が読まれていくので、耳で聴き目では設問を読み、マークシートを塗りつぶすという「マルチタスク」が出来ないと900点突破は不可能。

問題に慣れて来ると会話全体のストーリーを把握し、設問文を読みながら音声内容を確認出来るようになるので、Part3や4の問題を繰り返し2つの設問を同時に解いていく練習をしていきましょう。

リーディングパート

名詞の数・量を指定する数量詞問題を重点的に学習しながら、読解型と呼ばれる設問を確実に解けるようにしていきます。

文脈を正しく理解するために、代名詞や接続副詞などの単語を見逃さずに、正しい解答を導き出せるようにしましょう。

Part7の長文読解問題は、時間配分が最も重要なセクションなので、練習時から細かくタイムを計って練習すれば本番もスムーズに解けるはずです。

期間・Part別TOEIC対策もcheck

社会人の900点突破にはパーソナルトレーニングが絶対おすすめ

パーソナルトレーニングは、指導のプロが専属のコーチとして、対面の授業から自宅学習まで徹底サポートをするスタイルの学習方法。数ヶ月の短期集中コースが主です。個々人のスコアや弱点にあわせたカリキュラムを作ります。900点の壁を越えるには、独学にはやはり限界があります。自分に足りないスキル、伸ばすべきスキルを、プロの指導で効率よく学習しましょう。

短期集中TOEIC200点UP狙いなら。
結果の出るパーソナルトレーニングで

肉体改造だけでなく、語学力もパーソナルトレーニングで徹底的に鍛える。3ヶ月間で、専属トレーナーが確実にスコアUPへ導きます。パーソナルトレーニングこそ、社会人に最適最強のTOEIC対策。

CHECK!