働きながらTOEICスコアUPを狙うための短期対策法

800~900点をとるために

ここでは、TOEICでスコア800点をとるために必要な情報や目安となる学習時間、企業での評価などをまとめて紹介しています。

スコア800点台に必要な学習と英語力をチェック!

スコア800点はTOEIC上級者で、受講者の10%が該当しており、多くの問題に自信を持って解答することが出来て、最後まで問題を解き終えることが可能なレベルです。

800点を超えるとスコアが伸びにくくなる傾向にあるため、苦手パートを重点的に学習しながら各パートの出題傾向を再確認しつつ、スキルを高めて欲しいと思います。

TOEIC800点台の企業評価とは

TOEICスコアが800点以上ある人は、会社でも英語の出来る人と認識され、英語の文書で書かれている必要な情報や資料を探したりすることが出来ます。

英語力としては、英語の契約書などを読んで理解したり、英文メールも簡単に作成することが可能。国際部門などがある企業では、有力メンバーとして候補に入れる可能性も充分にあります。

800点台のスコアに必要な勉強時間

800点以上のスコアに必要な勉強時間は、現状のスコアによって変わります。目安として600点台であれば500時間、700点台だと275時間必要という統計が出ています。

800点台は、高校の基本的な英文法や読解力があれば理解することが出来る水準なので、単語や熟語の復習をしながら、何となくで解答している部分を少なくしていきましょう。

3ヶ月で200点UPする方法はコレだ
最強のTOEIC短期対策

800点突破のためのPart別の対策法

リスニングパート

知っている単語を拾って文章の意味を理解するのではなく、文末まで全てを聴き取り全体の意味を理解出来るのがベスト。

余裕を持って隅々聴き取るには、設問の先読みが必須。新形式のTOEICでは、テスト開始後にリスニングテストの説明・Part1のガイダンスのアナウンスで80秒近く時間があります。そこでPart3~4の図表をメインに先読みをしましょう。Part1と2の間のアナウンスは、以前の形式より30秒近く短くなっています。冒頭の先読みが最重要ということです。

リーディングパート

800点台を目標としている人は、難易度の高い単語や文章挿入問題を解答出来るようにしたいところ。「one」「 another」「 other」の代名詞や限定詞の言い回しについて重点的に学習したり、文頭や文中、文末にくる文章型の穴埋め問題の頻出フレーズも抑えておきましょう。Part7に時間をかけるために、Part5は10分、Part6は8分程度で回答することが目標です。

期間・Part別TOEIC対策もcheck

社会人が800点台を目指すならパーソナルトレーニング

パーソナルトレーニングは、プロの専属コーチが対面の授業から自宅学習まで徹底サポートをするスタイルの学習方法です。一人ひとりのスコアや弱点に合わせたオーダーメイドカリキュラムが基本となるので、仕事で忙しい社会人のスケジュールに合わせたカリキュラム作成も可能。時間に制限がある中でも、プロが的確に必要なことに絞って指導するので、効率よく学習出来ます。

短期集中TOEIC200点UP狙いなら。
結果の出るパーソナルトレーニングで

肉体改造だけでなく、語学力もパーソナルトレーニングで徹底的に鍛える。3ヶ月間で、専属トレーナーが確実にスコアUPへ導きます。パーソナルトレーニングこそ、社会人に最適最強のTOEIC対策。

CHECK!