働きながらTOEICスコアUPを狙うための短期対策法

700~800点をとるために

ここでは、TOEICでスコア700点をとるために必要な情報や目安となる学習時間、企業での評価などをまとめて紹介しています。

スコア700点台に必要な学習と英語力をチェック!

スコア700点はTOEIC上級者の一歩手前くらいで、受講者の15%が該当しており、基本的な英単語や英文法が身に付いているレベルです。これまで以上の学習量が必要となるため、英文をスムーズに読んだり聴いたりする能力がポイントになります。

TOEIC700点台の企業評価とは

TOEICスコアが700点以上ある人は、ネイティブの人と最低限の英会話が出来るレベルで、ビジネス上の日常業務も英語で支障なく行うことが出来ます。

企業の国際部門の基準としているところも多く、大手企業の中には社内に700点台をクリアしている人材が少ないところもあるので、英語が得意という印象を与えられます。

700点台のスコアに必要な勉強時間

700点以上のスコアに必要な勉強時間は、現状のスコアによって変わります。目安として現在500点台であれば450時間、600点台だと225時間必要という統計データが出ています。

700点台になると試験テクニックだけでなく、長文対策として高校英文法は100%完ぺきにマスターしておく必要があります。

3ヶ月で200点UPする方法はコレだ
最強のTOEIC短期対策

700点突破のためのPart別対策法

リスニングパート

ある程度内容を理解した上で解答出来るように、Part3や4では一定のストーリー構成を把握する能力と音声スピードに慣れることが大切。Part1~4は全体で80%の正答率が必要です。

Yes・No疑問やWH疑問文などの高難易度の質問にも、正しい解答を見極められる力を身に付けておきましょう。

何度もリスニング音源を聴いたり、実際に音読することで試験問題のパターンにも慣れてくるはずです。リスニング音源がセットになっている問題集をフル活用して、リスニング力を強化して欲しいと思います。

リーディングパート

まずは得点しやすいPart5の問題を解きながら文法を復習し、動詞問題(態・時制・活用)を重点的に学習していきます。TOEICには頻出フレーズがたくさんあるので、問題をこなして覚えましょう。

Part5~7で75%正答率を目指してください。特にPart7で50分以上時間をかけられるように、Part5~6は1問20~30秒で解くことが目標です。

期間・Part別TOEIC対策もcheck

社会人が700点台になる近道はパーソナルトレーニング

プロの専属コーチを付けるパーソナルトレーニングであれば、一人ひとりの現状のスコアや弱点にあわせたカリキュラムを作ります。仕事と両立し時間のやりくりが難しい社会人に対して、限られた時間の中で、どこを強化すればよいかを的確に指導してもらえるので、効率よく学習できます。

短期集中TOEIC200点UP狙いなら。
結果の出るパーソナルトレーニングで

肉体改造だけでなく、語学力もパーソナルトレーニングで徹底的に鍛える。3ヶ月間で、専属トレーナーが確実にスコアUPへ導きます。パーソナルトレーニングこそ、社会人に最適最強のTOEIC対策。

CHECK!