働きながらTOEICスコアUPを狙うための短期対策法

目標スコア別にみるポイント

ここでは、TOEICの目標スコア別に効果的な対策ポイントや目標の点数までに必要な勉強時間などを紹介しています。

目標スコアを突破するためのTOEIC対策ポイント

TOEICには、目標スコアに対する学習時間が統計データとして公表されており、あらかじめ自分の目標スコアに対して目安となる学習時間を知ることが出来ます。

目標スコアに必要な学習時間

目標スコア

現在のスコア

750点

850点

950点

650点

225時間

500時間

875時間

750点

-

275時間

600時間

850点

-

-

325時間

参考:Oxford University Press『A Teacher’s Guide to TOEIC® Listening and Reading Test Preparing Your Students for Success』P.6
(https://elt.oup.com/elt/students/exams//pdf/elt/toeic_teachers_guide_international.pdf)

ハイスコアを目指せばその分、必要な勉強時間も増加していきます。特に800点以上を目指している方は、スコアに伸び悩んでいる人も多く、上記の学習時間よりも多くの時間を費やしている人がほとんど。

最低でも1日2時間以上はTOEIC対策の勉強をすることになるため、計画的な学習スケジュールを管理することがポイントです。

TOEICスコア別コミュニケーションレベル

600点台

  • TOEICでは中級レベルで、大学卒業程度の語学力を持ち、自分宛の簡単な英文メモを理解することが出来る
  • 受験者の18%が該当している
  • 英検2級クラスで準1級には届かないレベル

700点台

  • TOEIC上級レベルに入り、社内では英語が得意な人として認識され、会議の議事項目を理解することが出来る
  • 受験者の15%が該当している
  • 英検準1級クラス

「TOEIC700点突破対策」Read More

800点台

  • TOEIC上級レベルで、同業者のマニュアルレポートなどを理解することが可能
  • 受講者の10%が該当している
  • 英検準1級クラス

「TOEIC800点突破対策」Read More

900点以上

  • TOEICのスペシャリストで「Time」などの雑誌記事を読んで理解することが出来る
  • 自分の専門としている分野の専門書を理解出来るようになる
  • 受講者の3%が該当している
  • 英検1級クラス

「TOEIC900点突破対策」Read More

目標としているスコアが明確になれば、後は必要な学習時間をベースに自分の生活スタイルに合った勉強を確立するだけです。

期間・Part別TOEIC対策ならこちら

しかし仕事をしながらの独学では、スコアアップにも限界があります。

短期間集中でスコアをアップするためには、プロのコーチによるパーソナルトレーニングで効率的に学習する方法もあります。

短期集中TOEIC200点UP狙いなら。
結果の出るパーソナルトレーニングで

肉体改造だけでなく、語学力もパーソナルトレーニングで徹底的に鍛える。3ヶ月間で、専属トレーナーが確実にスコアUPへ導きます。パーソナルトレーニングこそ、社会人に最適最強のTOEIC対策。

CHECK!