働きながらTOEICスコアUPを狙うための短期対策法

無駄なく短期間でスコアUP TOEIC対策マニュアル » 手早くスコアUP!新形式対応TOEIC早わかり対策法

手早くスコアUP!新形式対応TOEIC早わかり対策法

いま自分に必要なTOEIC対策は何だ

TOEIC対策を全て知りたいのではなく、自分に必要な対策法を知りたい。そんな忙しい社会人のために、試験までの対策期間別、リスニング、リーディングといったPart別、目標スコア別に対策法をまとめました。社会人のTOEIC対策に必要なアジェンダも紹介しているので合わせてCHECK。

  1. 期間別に対策≫
  2. Part別に対策≫
  3. 目標スコア別に対策≫
  4. 社会人専用TOEIC準備≫
  5. ココだけで教えるスコアUPの秘策≫

3ヶ月で200点UPする方法はコレだ
最強のTOEIC短期対策

対策期間別にみるポイント

試験までの期間によって、勉強方法は大きく変える必要があります。限られた時間の中で、スコアUPに必要なことを取捨選択し、いかに質の高い学習をするかが重要。

短期間でも効率の良い学習方法によって、ハイスコアを叩き出す人もいます。体験談なども参考に、自分に最適な方法を考えましょう。

1ヶ月で対策するために

たった1ヵ月でも効果的な学習方法はあります。特にTOEICの試験経験が少ない人は、とにかく模試や問題集を解いて本番の試験に慣れておく必要があります。

TOEICでは出題形式は毎回同じなので、本番同様の問題を数多くこなすことで、時間配分や、出題傾向、よく使われるフレーズを体で覚えられます。

経験者の場合は苦手分野か得意分野を伸ばすか、どちらかに重点を置いた勉強法が有効。通勤時間などのちょっとした時間も全て英語学習に時間を充てましょう。

「TOEIC1ヶ月対策」Read More

3ヶ月で対策するために

3ヶ月はTOEIC対策に十分な期間です。初級・中級スコアの人であれば、200点UPも十分見込めるでしょう。上級スコアの人はとにかく苦手分野の克服。伸びしろが多いところで点数UPを狙わなければなりません。時間かけて反復学習することをオススメします。

3ヶ月という期間はモチベーションを維持するのに最適な期間。短期集中すれば、社会人でも十分な成果を得られるはずです。

「TOEIC3ヶ月対策」Read More

半年で対策するために

試験まで半年あれば、現状スコアが中級レベル以下の人なら750点~800点は確実に狙えます。まずは通勤時間などで単語学習を行って、TOEICによく出てくる頻出語彙などをマスターしておきましょう。単語と同時に、リスニング対策も毎日コツコツと。TOEIC形式のリスニングに慣れれば、Part1~4の聞き取りもスムーズに解答出来るはず。

週末などには、まとまった学習時間を確保して公式問題集を解き、実際の試験と同様120分で問題を解く感覚を養っておきましょう。

「TOEIC半年対策」Read More

Part別にみるポイント

TOEICはご存じの通り、100問45分のリスニングセクションと、100問75分のリーディングセクションで構成された200問120分の英語能力試験です。

2016年5月から出題形式が変更され、会話によるリスニング問題とリーディングの長文読解問題の割合が増加。新形式になっても問題の難易度などは変わらないものの、英文を聞くパートと読むパートが増えたことで、前形式よりもスピーディな判断能力が必要となります。

Part1~4(リスニングセクション)

当然ながらリスニング問題は1度しか聞くチャンスがありません。ビジネスシーンで使われる英単語がベースとなっているため、会話の流れを理解するには単語力も必要。

リスニングが苦手な人は、とにかくTOEIC形式のネイティブの英文に耳を慣らすこと。公式問題集などの付属CDなどを活用し、毎日リスニング問題を聞いて英語耳を鍛えましょう。

英文を繰り返し聞けば、語彙も増えます。次第に、日本語と同様、英会話からでも情景が頭に浮かぶようになってくるはずです。

「TOEICリスニング対策」Read More

Part5~7(リーディングセクション)

リーディングは短文・長文穴埋め問題と長文読解問題の3つのセクションに分かれています。リーディングでは、大量の英文をスピーディに読み解く力が求められます。時間配分を間違えると、最後の問題に辿り着く前にタイムアップ。高得点を狙うなら、空欄なく、時間内に全問回答したいところ。

「TOEICリーディング対策」Read More

目標スコア別にみるポイント

計画的な勉強のためには、目標スコアの設定は必須。TOEICの現状スコアと自分の目標としているスコアまであと何点必要なのか、そこを明確にしてから学習計画を立てましょう。

700~800点をとるために

TOEIC受験者の15%が700点台を目指すと言います。700点突破には、基礎的な単語が身に付いていることが条件。このレベルの必要となる単語数は、5500~7000字が目安となっています。ある程度の問題に自信を持って回答するためには、単語学習をしながら文法もマスターすること。

リーディング力を養うために、英文に触れる機会を増やし、わからない単語はその都度覚える方法が効果的です。

「TOEIC700点突破対策」Read More

800~900点をとるために

800点台は、TOEIC受験者全体の10%に該当します。800点突破には、とにかく問題を理解するスピード力が求められます。

必要となる単語数は、8000~9000字が目安となります。問題を解く際には、単語ひとつの意味で考えるのではなく、文章全体で話を理解する力が必要となるので、総合的な英語力が必要になるレベルです。英文を繰り返し読むことで、自然と速読出来る力や文章を理解するスピードが格段と早くなります。

「TOEIC800点突破対策」Read More

900点以上をとるために

900点以上はネイティブに近いレベルと言えます。10,000語以上の単語を習得しなければ難しいでしょう。

苦手なパートをなくし、全てのアビメ(アビリティーズ・メジャード)の平均を90%以上にする必要があります。苦手パートの克服のためにクリアしたい問題数は、約2000~4000問(テスト10~20回分)。リスニングだけでなく、問題を音読して読み返す勉強も効果的。

「TOEIC900点突破対策」Read More

社会人が勉強を始める前に準備すべきこと

社会人がTOEICの勉強をする際に最初にすべきことは、現状把握。自分の英語レベルをベースに、試験までの学習プランを立てていくことが大切です。まずは模擬テストを受けると良いでしょう。モチベーションを維持するためにも、スケジュール管理はしっかりと行ってください。仕事の進捗確認と同じです。

そして何より重要なのは、勉強時間の確保。通勤時間や昼休みなど空いた時間を上手く活用し、計画的に対策を練ってTOEIC本番に挑んでください。

「社会人のTOEIC準備」Read More

パーソナルトレーニングなら短期間で確実にスコアUP

仕事とTOEIC対策の両立に懸念がある場合は、プロのコーチを付けるのも選択肢のひとつ。

英語のパーソナルトレーニングは、専任トレーナーが個々人の状況や目標スコアに合わせ、必要なことに絞った学習プランを立てて指導してくれます。自宅学習もトレーナーが強力にサポートするので、モチベーションを高く維持したまま本番に臨めます。パーソナルトレーニングは、短期間での飛躍的なスコアUPが目指せる、社会人にオススメの対策法です。

短期集中TOEIC200点UP狙いなら。
結果の出るパーソナルトレーニングで

肉体改造だけでなく、語学力もパーソナルトレーニングで徹底的に鍛える。3ヶ月間で、専属トレーナーが確実にスコアUPへ導きます。パーソナルトレーニングこそ、社会人に最適最強のTOEIC対策。

CHECK!