働きながらTOEICスコアUPを狙うための短期対策法

派遣社員にもTOEICは必要

派遣社員だからといって、英語は必要ないと思っていませんか。実は、TOEICで高得点をとっておくと、派遣においても仕事の幅は大幅に広がるのです。今回は、派遣社員におけるTOEIC の必要性についてお届けします。

派遣社員の中でも、TOEICが求められている

派遣社員のTOEICへの人気は、簿記や秘書検定と並んで根強いです。

就職活動をはじめ、「就職に有利な資格」としてもTOEICは常連。やはり何も資格を持っていない人よりも、「TOEIC◯◯◯点持っています」と言えた方が評価は高くなりますよね。企業側からしてもTOEICは評価の対象として見られることが多く、とくに外資系や貿易関連においては必須とも言える資格です。

ちなみに、TOEICがスコアとして効力を発揮するのは600点を超えてから。600点を越えると堂々と履歴書に記入でき、アピールのひとつになるでしょう。

反対に、600点ない場合は履歴書に書かない方がいいこともあるので注意してください。さらに、企業によっては「◯年より前に受けたスコアは無効」となることもあるので、かなり昔に取得した場合は再度受け直す必要もあります。

TOEICが活かせる派遣の仕事とは

英文事務

その名の通り英語を扱う事務なので、必然的に英語力は必要になります。TOEICで高得点を取得しておくと、英文事務として採用されやすくなり、一般事務にはないような高時給で働くことも可能です。

英文事務の仕事内容としては「海外からの問い合わせの対応」「海外顧客の来客の対応」「事務処理」「英文会計」などがあります。求人が比較的多く、また未経験でも採用されやすいので人気も高いです。

貿易事務

商社やメーカーなどの輸出入に関する業務が主な仕事。海外とのやりとりも多くなるため、必然的に英語力が必要になります。

仕事内容としては「輸出入関係書類の作成」「通関手配」「輸入通関手配」「商品の納入管理」など。時給も一般事務よりかなり高く、TOEICで高得点をとることで、こうして世界をまたにかけた仕事もできますよ。

外資系企業の受付

会社の顔ともいわれる受付業務。受付にはさまざまなスキルが求められますが、語学力もそのひとつ。特に外資系であれば、英語スキルがないとなかなか務まらない業務です。主な仕事内容としては「来客対応」「案内」「会議室へのお茶だし」など。

時給は外資系になるとかなり跳ね上がりますが、そのぶん倍率もかなり高め。

秘書

実は、秘書にも英語力は必要なのはご存知でしたか。外資系に限らず、貿易関連もしくは海外に拠点を持つような企業ではしばしば求められることも多いです。

秘書の主な仕事内容としては「電話対応」「来客対応」「スケジュール管理」など。ちなみに秘書の案件の中でも語学力がアピールできれば、高待遇のお仕事も狙えますよ。

翻訳・通訳

語学力が最も活かせる職業です。ですが、非常に高い語学力が求められるので注意してください。主な仕事内容としては「翻訳業務」「通訳業務」「一般事務としての仕事」など。語学力以外に、事務としての経験が必要になることもあります。

そのぶん時給は非常に高く、通訳と秘書を兼ねると中には時給3000円クラスの案件も。時給も高いだけに、やりがいも非常に大きい仕事です。

職業別派遣社員のTOEICスコアの目安


ここでは、職業別における派遣社員のTOEICの必要スコアをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

  • 英文事務…600点以上
  • 貿易事務…700点以上
  • 受付(外資系)…700点以上
  • 秘書…800点以上
  • 翻訳・通訳…900点

あくまで目安です。必ずしもこの点数ないといけないわけではないですし、それ以上の点数を取得していても落とされるケースがあるので注意してください。

TOEICの点数をあげて憧れの職業へ

このように、派遣社員にもTOEICは必要とされている時代。自分がやってみたい仕事のTOEICスコアを超えられるように頑張りましょう。ですが、短期間ですぐに結果が出るとは限りません。まずは、今のTOEICのスコアとどれだけ差があるのか知ることが重要。

その差を踏まえつつ、毎日少しづつでも勉強しながら点数を上げて、やりたい仕事に就いてみませんか。

短期集中TOEIC200点UP狙いなら。
結果の出るパーソナルトレーニングで

肉体改造だけでなく、語学力もパーソナルトレーニングで徹底的に鍛える。3ヶ月間で、専属トレーナーが確実にスコアUPへ導きます。パーソナルトレーニングこそ、社会人に最適最強のTOEIC対策。

CHECK!