働きながらTOEICスコアUPを狙うための短期対策法

あなたの昇格に必要なものは、あとTOEIC

ここでは、企業によってTOEICが昇格の条件になっていることや、役職に必要なスコア例について紹介しています。

昇給に欠かせないTOEICスコアをチェック!

現代のグローバル社会において、上場企業では4社に1社がTOEICスコアを昇進や昇格などの条件として掲げており、特殊な専門知識や技術の他に英語スキルが重要視されています。

世界をターゲットとした事業を展開する上で、英語でのコミュニケーション能力は外資系企業はもちろん、どの企業でも年々需要が高まりつつあり、社員教育の一環として独自の英語学習プログラムや研修などを取り入れているところも増えてきています。

役職別のTOEICスコアをリサーチ

企業の役職別に目安となるTOEICスコアを調べてみました。これからのキャリアアップに向けて必要なスコアを確認することで、自ずと目標が明確になってくるはずです。

主任クラス

600点以上 三井物産
丸紅 など
650点以上 双日 など
700点以上 伊藤忠商事
キリンビール など

係長

600点以上 トヨタ自動車
住友林業 など
650点以上 ソニー
楽天 など
700点以上 伊藤忠商事 など

課長

600点以上 マツダ
日本IBM など
650点以上 日立製作所
ソニー など
700点以上 シャープ
楽天 など

部長

650点以上 ブリジストン など
700点以上 ファーストリーディング など

役員

700点以上 住友商事 など

職種や企業によって求められている英語力は異なるため、自分の目指している職種によって大きな違いがあります。

外資系や商社などは新卒採用でも、どんな状況においても日常英会話がスムーズに行える700点以上の英語力が採用条件となっている企業が多いので、高レベルのキャリアアップを考えている人は、それ以上のスコアが必須となります。

思うように昇進・昇格出来ないならTOEICで勝負

今一つ自分を評価してもらえていない…と心当たりのある方は、TOEICで勝負してみてはいかがでしょうか。

同じような知識や経験を持ったビジネスマンの中で勝ち抜いていくためには、ズバリ英語でのコミュニケーション能力。TOEICスコアは、自分の能力を数値化してアピール出来る強力な武器となります。スコアUPで、自然と昇進・昇格への近道となるでしょう。

急いで昇進試験に間に合わせたい方は、短期間で確実にレベルアップ出来るパーソナルトレーニングがオススメです。

短期集中TOEIC200点UP狙いなら。
結果の出るパーソナルトレーニングで

肉体改造だけでなく、語学力もパーソナルトレーニングで徹底的に鍛える。3ヶ月間で、専属トレーナーが確実にスコアUPへ導きます。パーソナルトレーニングこそ、社会人に最適最強のTOEIC対策。

CHECK!