働きながらTOEICスコアUPを狙うための短期対策法

TOEICは転職の武器になる

ここでは、転職の際のTOEICに関する情報やスコア別の具体的な企業をピックアップして紹介しています。

中途採用の武器となる転職に有利なTOEICスコアとは

最近の中途採用の傾向として、今までの経験や実績だけでなく企業によっては一定のTOEICスコアを採用条件の1つとして掲げているところが増えてきています。

新卒採用の場合だと、大体TOEIC で600点以上のスコアがあれば英語力をアピールするのに充分なレベル。しかし中途採用は、より高い能力を持った人材を求めているため、700点以上のスコアを保有していることが理想的です。

特に外資系企業や大手総合商社などは、新卒・中途採用に関わらず英語力に重点を置いた採用基準となっており、最低でもTOEIC で700~800点以上が必須となっています。

中途採用のTOEICスコア条件例

転職サイトに掲載されているTOEICスコアを採用条件にしている求人を例に挙げて紹介します。

650点以上の企業

  • 日立製作所 人事部
  • 大手法律事務所 弁護士秘書

700点以上の企業

  • BMWジャパン セールスマーケティング
  • アマゾンジャパン 法人カスタマーサービス

750点以上の企業

  • アマゾンジャパン 人事部マネージャー
  • 国際特許事務所 国際事務スタッフ

800点以上の企業

  • 日立製作所 本社財務部
  • 楽天 事業管理マネージャー

900点以上の企業

  • ヒューマンリソシア イベントマネージャー
  • パソナ グローバルデスク

TOEICスコア別に中途採用者向けの求人を比較してみると、海外事業を展開している大手企業多く、700点以上の企業では部署内での公用語は英語となっています。

一部の外資系の投資銀行やコンサルティング企業は、900点以上のネイティブ並みのコミュニケーション能力を持った人材を採用条件としており、将来的に海外勤務などを視野に入れた転職を考えている人は、TOEICが高いスコアほどキャリアアップへの選択肢も広がると思います。

TOEICスコア今すぐ上げて理想の転職

転職したい業界や業種が決まっている人は、TOEICスコアが役立ちます。自分の希望している業界の目安となるTOEICスコアを知って、それよりも高いスコアであれば効率よく転職活動が行えると思います。

まずは、現状のTOEICスコアを知って自分に必要な対策をして行くことが大切。転職準備期間が短い人や仕事が多忙な人には、短期間でTOEICスコアをアップしてくれるパーソナルトレーニングで英語力を鍛えて行きましょう。

短期集中TOEIC200点UP狙いなら。
結果の出るパーソナルトレーニングで

肉体改造だけでなく、語学力もパーソナルトレーニングで徹底的に鍛える。3ヶ月間で、専属トレーナーが確実にスコアUPへ導きます。パーソナルトレーニングこそ、社会人に最適最強のTOEIC対策。

CHECK!