働きながらTOEICスコアUPを狙うための短期対策法

無駄なく短期間でスコアUP TOEIC対策マニュアル » 時代についていくにはTOEICが必要 変化する企業での扱い

時代についていくにはTOEICが必要 変化する企業での扱い

ここでは、企業におけるTOEICの扱いや必要性を解説しながら、TOEICスコアを重視している企業名と具体的な数値をリストにして紹介しています。

英語が公用語!グローバル企業に欠かせないTOEIC

現代のビジネスシーンにおいて、専門的な知識や経験、技術だけでなく、年々英語でのコミュニケーション力が重要視されるようになってきています。

企業によっては、昇進・昇格の基準の1つにTOEICのスコアが採用されているところもあるほど、英語が出来るか否かで自分のキャリアにも大きく影響してきます。

近年、多くのグローバル企業では英語を社内の公用語として導入しているため、将来のキャリアアップのために世界の共通言語である英語を学んでいる人が多く、ビジネス英語力としてTOEICスコアを重視している企業も増えてきています。

英語を公用語にしている企業実例

実際に英語を公用語としている企業を集めてみました。英語に関して具体的な取り組みについてもまとめているので、参考にして欲しいと思います。

株式会社ファーストリテイリング(ユニクロ)

2012年3月より実施。TOEIC受験を業務の一環として取り入れられており、学習面も完全バックアップしている

楽天株式会社

2012年7月より実施。スピーチ力を高めるためにビジネス英語の会話力の判定テストを行っている

アサヒビール株式会社

2010年より全社員を対象にした半年間の海外研修制度を行っている

シャープ株式会社

2010年より研究開発部門において実施されており、社員によっては海外勤務を義務付けている

昇進・昇格に必要なTOEICスコアとは

就職活動だけでなく、大手外資系企業では昇給の条件としてTOEICが取り入れられており、役職によって目安となるレベルがあります。

役職別TOEICスコア目安
主任 650点
課長 700点
部長 730~750点
役員 800点以上

企業によっては昇給だけでなく、TOEICのスコアによってボーナスや報奨金が出るケースもあります。

企業名公開!
昇格に必要なTOEICスコアをさらにcheck

転職に必要なTOEICスコアとは

転職活動をスムーズに進めていくにはTOEICスコアが重要なカギとなります。多くの企業は600点を基準としており、新卒採用時からすでにTOEICスコアが見られています。

例えばアサヒビールでは650点以上、ソフトバンクは730点以上あれば採用となる確率が高くなるようです。

転職に有利なTOEICスコアをさらにcheck

派遣社員にもTOEICが必要

今の時代、TOEICをはじめとした英語力はどこでも問われている時代。もちろん、派遣社員にも同じことが言えます。派遣社員が取得したい資格の中でも、TOEICは毎年名前に上がるほど需要がある資格。

派遣社員におけるTOEICの必要性について解説します。

派遣社員におけるTOEICの必要性をさらにcheck

短期集中TOEIC200点UP狙いなら。
結果の出るパーソナルトレーニングで

肉体改造だけでなく、語学力もパーソナルトレーニングで徹底的に鍛える。3ヶ月間で、専属トレーナーが確実にスコアUPへ導きます。パーソナルトレーニングこそ、社会人に最適最強のTOEIC対策。

CHECK!