無駄なく短期間でスコアUP 出来る男のためのTOEIC対策マニュアル

働きながらTOEICスコアUPを狙うための短期対策法

出来る男は英語も堪能!
短期間でTOEICを攻略してグローバルな社会人へ

グローバル化が進む現代社会では、企業においても英語が出来る人材を育てるために独自の自社教育を徹底するなど、各企業が力を入れています。

近年、企業では個人の英語レベルの指標としてTOEICスコアを重視するところが増えてきており、中途採用の際や昇給・昇進に大きな影響をもたらしています。

そこで、このサイトでは短期間でTOEICスコアを伸ばしていく方法や対策、攻略テクニックを徹底調査。

TOEIC対策のプロが完全サポートしてくれるパーソナルトレーニングについても、詳しく紹介しています。

PICK UP !短期で学べる注目の
パーソナルトレーニング 3選

短期集中で徹底的に学習することで、忙しいビジネスマンでも効率よくTOEIC対策ができると評判のパーソナルトレーニング。
個々人の目標や生活リズムに合わせたトレーニングメニューを組み、対面でのレッスンから自宅学習まで、専属トレーナーが強力にサポートします。
ここでは3ヶ月間で集中トレーニングができる注目のコースをピックアップしています。自分がスコアUPできるのはどこかを比較して見極めてください。

LePlus

LePlus

01模擬テストの結果を自社で分析した、
正真正銘オーダーメイドカリキュラム

無駄なく必要なことだけが学べる

02キャンセル待ち200人の英語専門塾が、
TOEIC設立メンバーを顧問に付けたメソッド

ノウハウと人気があり信頼出来る

LePlusを利用した人の体験談

独学とはまったく違う。前向きに勉強できました

仕事でTOEIC600点をクリアしなければならないという課題があり、これまでも独学でかなり勉強をしてきました。 しかし、独学で計画を立てて学習することはなかなか難しく、また1人で勉強することにも限界を感じていたため、「LePlus」に通うことに。 通いはじめてまず感じたのが、「サポートしてくれる人がいることは自分で思っていた以上に心強い」ということです。
また、1人で学習しているときは、ひたすら問題集を解いていく、という学習法が主流になっていましたが、「LePlus」ではひとつの文章に対して深く読み取る学習方法で、これが理解力をつけるために大きく役立ちました。 また、自己学習についてもいろいろとアドバイスをいただくことができ、勉強の効率がすごく上がったことも大きかったです。 前半はリスニングを中心に学習し、後半はリーディングを中心に学習するというカリキュラムで、リーディング力は自分でもどんどん上がっていくのを実感できました。 3ヶ月の間で仕事が忙しく、受講の時間が取れない時期もあったのですが、おかげさまでTOIEC600点を大幅に超えるスコアを取ることができ、「LePlus」にお世話になって本当によかったと思います。

ライザップイングリッシュ

ライザップイングリッシュ

01個人カウンセリングをもとに、
ニーズに合わせたプログラム作成

自分の希望を伝えられる

02日々 3~4時間分のシュクダイを、
トレーナーがタスク管理しサポート

サボりを防げる

ライザップイングリッシュを
利用した人の体験談

TOIECのスコアが100点アップ、実践力も身につきました

仕事で英語の契約書を読んだり、海外の取引先とスカイプミーティングを行う機会も多いため、よりネイティブの英語を理解する力をつけたいと思い、「ライザップイングリッシュ」に通うことを決めました。 「ライザップイングリッシュ」を選んだ理由は、ネイティブとのコミュニケーション能力を身につけられるコースがあったからです。

まずは目標を持つことが大切だと考え、「TOEICスコアアップコース」を選択。 結果、TOIECのスコアを2ヶ月で100点も伸ばすことができました。
スコアアップももちろん嬉しいのですが、実務においてこれまでは英語の書面を何度も読み直してやっと理解できていたのが、読み返さなくても内容を把握できるようになっていて、自分でも驚いています 2ヶ月学んだあとにアメリカに行ったのですが、これまでよりも現地の人の会話をしっかり聞き取れるようになっていて、英語力が高くなったことを体で実感できました。
「ライザップイングリッシュ」は、受講をはじめてすぐにトレーナーが苦手な部分を把握してくれ、そこを重点的にトレーニングしてくれます。 苦手分野を効率よく克服できることは、TOEICのスコアが上がるのはもちろんですが、英語力自体の向上にも大きくつながっていると思います。 英語の苦手分野を克服したい人に、「ライザップイングリッシュ」をぜひおすすめしたいです。

イングリッシュカンパニー

イングリッシュカンパニー

01第二言語習得研究をベースにした、
大学受験とは違う勉強法

間違った勉強法を改善出来る

02スタジオでのトレーニングに加え、
毎日の課題でもシャドーイングを強化

英語の理解力UPを目指せる

イングリッシュカンパニーを
利用した人の体験談

なかなか超えられなかったTOIEC900点の壁を克服

もともとTOIECのスコアは800点をクリアしていて、ある程度の英語力があると自負していました。 そのころフィリピンに短期で語学留学をしたのですが、驚くほどフィリピンの方と話すことができず帰国後にTOIECを受けたところスコアは840点。 英語力が上がっていないことに衝撃を受けましたね。 しかし独学を続けていても、900点の壁を超えることができず、独学に限界を感じて「イングリッシュカンパニー」に通い始めました。 受講を始めたところ、トレーナーが私のリーディングリズムが取れていないことに気づいてくださり、そこを克服するためのトレーニングを重点的に行なってくださいました。 リーディングスピードを上げたいという気持ちがあったのですが、トレーニングでは発音を変えるようにとの指導で、最初は驚きましたがトレーニングするうちに英語の理解力がぐんぐん高まっていくのを自分でも感じました。 受講後に受けたTOIECのスコアは980点、「イングリッシュカンパニー」のトレーニングは本当に素晴らしいです。

パーソナルトレーニングの費用対効果は?

パーソナルトレーニングの費用対効果は?

TOEICスコア200点UPした男のSuccess Story

TOEICスコア200点UPした男のSuccess Story

学生時代の留学経験があり、リスニング力には自信がありました。でも英語を使わないうちに力が落ち…。海外事業部へのチャンスを掴むために、TOEICスコアUPを目標にパーソナルトレーニングを始めました。
トレーニング期間と、仕事の繁忙期が被っていたけれど、専属トレーナーが通勤時間を有効活用出来るように「電車内は」「駅までの道中歩きながらは」と細かく学習メニューを組んでくれ、効率よく勉強を進められました。おかげで初めの1ヶ月で150点UP。そこからはトレーナーを信じ、精神的にも支えてもらいながらトレーニングを重ね、3ヶ月目にはさらに70点UPし880点まで到達しました。

時間の使い方、勉強の仕方、どちらも無駄がないのがパーソナルトレーニング。指導力があり信頼出来るトレーナーをパートナーに付ければ、仕事にも英語にも全力で励めます。

手早くスコアUP!
新形式対応TOEIC早わかり対策法

対策期間別にみるポイント

1ヶ月

学習すべきポイントをしっかりと押さえれば、1ヶ月前でも充分に現状のスコアを伸ばすことが出来ます。

まずは、毎日のスケジュール管理を徹底し、ちょっとのすき間時間もTOEICの勉強時間に費やして欲しいと思います。

あとは問題集を解きながら、試験テクニックを習得していくこと!確実に得点が取れるところも把握しておきましょう。

more

3ヶ月

3ヶ月あればどのスコアレベルからでも、目標とするスコアに向けて色々な対策を行うことが可能です。

現在のスコアが500点台の人でも、自分に適した学習方法であれば200点以上のスコアアップも実現出来ます。

まず、レベルに応じた単語帳を1冊暗記しながら、問題集を繰り返し使って全Partの問題パターンや傾向を理解していきましょう。

more

半年

試験までの学習スケジュールをきちんと計画し、半年間モチベーションをキープしながらTOEIC対策を行ってくことがポイントです。

反復学習する時間もたっぷりあるので、苦手分野を重点的に学習すれば大幅なスコアアップも見込めます。

数多くの問題集に取り組んで、その都度間違えたところの復習に時間をかけてTOEICならではの問題形式に慣れて欲しいと思います。

more

Part別にみるポイント

Part1~4(リスニングセクション)

リスニングパートは、写真描写・応答・会話・説明文問題の全部で4つで合計100問出題されます。

問題は1度しか聴くことが出来ないので、次々と流れてくる英文に付いていくリスニングスピードと、素早い判断が必要になります。

特にPart1とPart2は得点しやすいパートなので、確実に正しい答えを選択出来るように集中力を高めて臨みましょう。

Part5~7(リーディングセクション)

リーディングは短文穴埋め・長文穴埋め、長文読解問題の3パートに分かれており、全部で100問となっています。

2016年5月に改変され、リーディングの長文読解の割合が増えたことにより、読解力はもちろん時間内に問題を解き終えるスピードもポイント!

TOEICで良く出る単語や表現、文章パターンを完ぺきな状態にして、時間内に問題が解けるように繰り返し練習していきましょう。

目標スコア別にみるポイント

700~800点をとるために

受講者の15%となる700点台は、基本的な英単語や英文法を使いネイティブの人と最低限の会話が出来ます。

700点台のスコアを目標としている場合、最低限必要な勉強時間は500点台は450時間、600点台は225時間となっています。

高校で習う英単語や英文法をマスターし、TOEICで頻出するフレーズを全て完ぺきにしておきましょう。

more

800~900点をとるために

英語の文書で書かれている資料を読んだり、英文メールも自在にやり取りが行える800点台の人は、受講者の10%が該当します。

800点台はスコアが伸び悩む人が多く、必要な勉強時間も試験まで300~500時間以上必要とされています。

単語の意味を理解するのではなく、文章全体を聴き取ったり読み取る力を付けて、英文全体の流れと意味を理解して解答していきましょう。

more

900点以上をとるために

受講者のわずか3%となる900点台は、企業でも評価が高く報奨金を出しているところもあります。

国際英字新聞の記事や雑誌を理解することが出来るレベルで、TOEICの問題も最後まできちんと解答出来るようにしなければなりません。

リスニングでは英文を聞いただけで状況が直ぐに理解出来るようにし、リーディングでは難解な問題を数多くこなして、更なる知識を高めていきましょう。

more

社会人が勉強を始める前に準備すべきこと

まずは現状のスコアレベルを把握してから、必要な対策をプランニングしていかなければなりません。得意不得意を分析するためにも、模擬テストを受けることをオススメします。特に新形式になった2016年以降チャレンジしていない人は、模擬テスト必須。

次の準備は、時間の確保。社会人の限られた時間の中で、仕事とTOEIC対策を両立するには、綿密な計画とスケジュール管理が重要です。

模擬テストで何がわかる?
実際に受けてみた

REPORT
模擬テストで何がわかる?
実際に受けてみた

「とりあえず、教本で模擬テスト・過去問を解いてみよう」とTOEIC対策をスタートさせていませんか?ただ解いて満足していませんか?ここではTOEIC対策のプロ直伝の、テスト結果のフル活用法を紹介します。『ENGLISH BUSINESS plus』編集部メンバーが実際にテストを解き、その結果にあわせた具体的な勉強方法をTOEIC対策専門塾のトレーナーに教わりました。

時代についていくにはTOEICが必要
変化する企業での扱い

あなたの昇格に必要なものは、
あとTOEIC

近年、上場企業では、4社に1社が昇進・昇格基準にTOEICスコアを反映させています。

役職によって必要なTOEICスコアを掲示している企業も多く、これからのグローバル社会を見越し、ある程度の役職者には語学力を身に付けて欲しいという思いもあるようです。

TOEICは転職の武器になる

企業によっては一定のTOEICスコアを採用条件の1つとして掲げているところが多くなってきています。

中途採用の場合はより高い能力を持った人材を求めているため、TOEICスコアが最低でも700以上でないと即戦力として採用されにくくなっています。

特に外資系企業や大手総合商社などは、英語スキルを重視した採用を行っています。

英語のパーソナルトレーニングが出来る
スタジオLIST

英語のパーソナルトレーニングが出来るスタジオLIST

社会人のTOEIC対策には、短期間で集中的にトレーニングを行うスタイルが最適。ですが期間はそれぞれのスタジオで異なります。ここでは3ヶ月~1年間のトレーニングをピックアップしました。カリキュラムの組み方や、トレーナーの質やノウハウの差をよく見極めてください。

  • LePlus

    90日間でTOEICのスコアアップを実現させるトレーニング。個々の得意不得意を、入会前の模擬テストで徹底分析します。それをもとに一人ひとりにあったカリキュラムを提案するので、90日間を無駄なくスコアアップに使うことが出来ます。

  • ライザップイングリッシュ

    ダイエットでお馴染みのライザップは、TOEIC対策においても徹底した専属トレーナーのコーチングが一番の魅力。3ヶ月間毎日課せられる3~4時間分のシュクダイも、トレーナーのサポートによって仕事と両立が可能になります。

  • イングリッシュカンパニー

    言語研究に基づいた新しい指導法により、大学受験時代に芽生えた英語への苦手意識すら90日間で克服出来るというイングリッシュカンパニー。留学経験や海外勤務経験のあるトレーナーを揃えています。

  • TOKKUN ENGLISH

    2ヶ月間でTOEICのスコアアップを目指すTOKKUN ENGLISH。専属コンサルタントと学習進捗を確認する機会が毎週あります。また、学習状況を報告をチャットツールで毎日行うため、相談事もいつでも対応してもらえます。

  • トライズ

    生徒1人に対して専任コンサルタント&ネイティブ講師がWでサポートを行うトライズ。90%以上の生徒が、月80時間の学習時間をキープしています。パーソナルトレーニングの中では比較的長期コースで、1年間のトレーニングです。

TOEIC短期対策講座のあるスクールLIST

大手英会話スクールなどもコースが豊富にあるため、TOEIC短期対策コースがあります。その中から、特に短期間で集中的に学べるスクールを5つ紹介します。スコア別にコースが区分されているスクールも多く、自身のレベルに合わせて選択可能です。

  • ベルリッツ

    テスト直前の1~2ヶ月で集中的に学習しスコアアップを狙うのが「ベルリッツのTOEICテスト受験対策集中コース」です。平均100点、最高で250点アップが狙えるとか。TOEICテスト公式の学習教材を使用します。

  • TRAアカデミー

    6日間の「短期集中合宿コース」は、短い期間でも継続してまとまった時間学習することで、スコアアップを目指す講座です。TOEICの出題パターンや時間配分の攻略法などを6日間で凝縮して学べます。

  • プレゼンス

    目標スコアごとに細かく600点・750点・900点と区別している2ヶ月間のコース。「英語学習」ではなく、目標スコアを取るための勉強方法やノウハウを伝授し「コーチング」を行うスクールです。

  • TAC

    TACにはTOEICの目標スコア別(500点・650点・750点・900点)に4つのコースがあります。1回60分の講義が全25回で、学習期間は3ヶ月。大幅なスコアアップに成功したという口コミが寄せられています。

  • ECC外語学院

    短期コースは2種類。「TOEIC®L&R短期集中ベーシックコース」は文法や語彙、リスニングを重点的に学習。「TOEIC®L&R短期集中コース」は、目標スコア別にクラスを分けてレッスンを実施します。